Pocket

歯周病治療は、歯周病の検査に始まって、歯磨き指導や歯石除去、歯周外科処置など広範囲にわたっています。

また、保険以外の治療をする場合には、歯科医院の設備によって「レーザー」「ヒールオゾン」「光殺菌」「次亜塩素酸電解水パーフェクトペリオ殺菌水治療」なども増えてきてさらに複雑になります。

ですので、歯科医院に通う際はその歯科医院がどのような治療を行っているかを知っておくことも重要です。

このページではどの歯科医院でも行われる歯周病治療(保険内で行われる治療)の主な流れを紹介します。

歯周病治療の基本的な流れ!!

問診

どの歯科医院でも最初に行われるのが問診です。

ここで歯に「どのような不具合があるのか」ということを始め、「いつから不具合を感じだしたか」など治療にの参考になるように状況を説明します。

この時に大切なのは特定の病名を使わないことです。

例えば、「歯周病だと思うんですけど・・」などいってしまうと歯医者さんに余計な先入観を与えてしまい、歯周病と頭において歯を診るため、歯の裏などの細かい虫歯などの見落としになることがあります(これは医療ミスとかではなく、保険内治療を中心に行っており、一度にたくさんの患者さんを抱えている歯科医院ではしかたのないことです)。

ですので、先入観を与えないように具体的な症状(歯茎から出血があった等)を伝えましょう。

歯周病の検査

問診が終わると実際に歯の状態を検査していきます。

歯周病の場合、肉眼で歯や歯茎の状態を確認した後、レントゲン写真撮影をすることになります。

これによって肉眼では見ることが出来ない歯や骨の状態を調べることができる歯周病には欠かせない検査です。

歯周病ポケットの測定

次に行われるのが歯周病ポケットの測定です

健康な人2mm以内と言われています。

3mm程度になってくると歯茎が炎症を起こしているだけ歯肉炎、4mm程度だと顎の骨が溶けはじめた軽度歯周炎、6mm程度だと顎の骨が半分くらい溶けた中等度歯周炎、それ以上になってくると顎の骨の3分の2以上が溶けた重度歯周炎になります。

歯周病ポケットの深さによって治療方法が大幅に異なってきます(ただ、歯周病ポケットの深さはその時の健康状態によって多少変わってくることがあるので絶対の基準ではありません)。

歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

次に歯周病の最大の原因である歯についたプラーク(歯垢)を「スケーラー」という器具や「レーザー」などを用いて歯に付いている歯石を除去します(スケーリング)。

さらに歯周ポケットの奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具で除去します(ルートプレーニング)。

これによって歯周病の原因菌は住処を壊されるため、大幅に減ります。

除去後、患部に殺菌や抗炎症作用のある薬を塗って終了します。

プラークコントロール(ブラッシング指導や生活指導)

最後に歯周病予防として最も効果が高い正しい歯磨きのやり方(デンタルフロス・歯間ブラシ)や生活指導などの注意をします。

まとめ

ここで紹介したのは歯周病治療の基本的な流れです。

歯周病が軽い場合は、プラークコントロールの指導だけで終わりますし、重い場合は、 歯周外科治療といって歯肉を切り開いて膿を出したりする必要もあります。

また、あまりにひどい場合は抜歯するしかないということもありますので、そうならないためにもしっかりと歯周病予防をしていきましょう。