Pocket

歯周病は、最近の研究によって全身疾患と言われるようになってきました。

その背景としては、歯周病の原因菌が気道や血管を介して肺や心臓に入り込み肺炎や心疾患を引き起こすことが分かってきたことになります。

以前は不適切な食生活や運動不足、ストレスなどが原因とされていた病気が歯周病の治療によって回復するケースも増えています。

これは歯周病菌が血管にのって全身を駆けまわるため起こることが分かっています。

ですので、しっかりとした歯周病対策をしましょう。

このページでは、歯周病によって引き起こされる主な病気を紹介します。

歯周病が引き起こす主な病気!!

動脈硬化・心筋梗塞!!

動脈硬化とは、動脈に中性脂肪やコルステロールなどが詰まったり、沈着したりして血液の流れが滞る状態ををいいます。

心筋梗塞とは冠動脈が動脈硬化で狭くなったり、血栓ができて血液の流れが長時間途絶えて、それより先の心筋が壊死することをいいます。

これらの病気は、通常は高血圧や糖尿病などが原因で起こることが多いですが、最近の研究で歯周病の原因菌が作り出す毒素成分(内毒素)が関わっていることが分かっています。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)!!

誤嚥性肺炎とは食べ物などに含まれている細菌が消化器官ではなく、誤って気管(空気の通り道)に入ってしまって、肺に入り、肺に炎症を起こすことを言います。

この病気は、ご高齢の方や脳梗塞などの病気を持っているかたが起こしやすく、若い人はかかりにくい病気ですが、若い人でも歯周病によって口の中の細菌が増殖することによって引き起こされることが分かっています。

糖尿病!!

糖尿病(とうにょうびょう)は、インスリンの分泌がされなかったり、インスリンが分泌されても量が少なかったりして、血糖値が下がらずに病的に高い状態が続く病気です。

歯周病にかかると血糖値を下げる働きをもつホルモンであるインスリンをつくりにくくする(インスリン抵抗性)ことが分かっています。これにより血糖値が高い状態が維持されて、糖尿病になってしまいます。

また、糖尿病になると、体を守るマクロファージの機能低下、結合組織コラーゲン代謝異常、血管壁の変化や脆弱化などが起こり、歯周病の進行も促進することが分かっています。

まとめ

ここで紹介した歯周病によって引き起こされる病気はごく一部でこれらの他にも早産・低体重児出産、細菌性心内膜炎、バージャー病、ガン、骨粗しょう症、腎臓病疾患等かなり多くの病気と深いか関わりがあることが分かっています。

これらの病気を予防する意味でもしっかりとした歯周病対策をしましょう。